2017年01月18日

手紙8

こうして言葉を文字にして
君に届けようとするのは
もう何度目になるのだろう
いつだって二人の間には
伝えきれない何かが
静かに静かに溜まっていって
気が付くと君か僕のどちらかが
こうして言葉を文字にして
そっとどちらかに届けてる

どれだけ長く同じ時間を過ごしていても
どれだけたくさんの言葉を交わしていても
やっぱり全部は伝わらなくて

お互いの全部を出し切れる二人だったら
こんな遠回りも要らないはずなのに

でもこんな遠回りなことがあるから
二人はずっと一緒にいられるのかもしれない
そんなことも想ったりしているよ

いつもと違って
きっとまだ二人の間には
伝えたい想いは溜まってはいないけれど

なんでもない時にでも
こうして言葉を文字にして伝えたら

二人の想いが今より少し
同じ色になれそうな気がして

笑顔と泣き顔と
怒った顔と眠った顔と

たくさんの君の顔を思い浮かべながら
こうして言葉を文字にしています

今度手紙を綴るのは
どちらになるかわからないけど

もしかしたら、もう
必要がなくなるかもしれないけど

二人は二人で
このままの二人で







詩・ポエム ブログランキングへ


にほんブログ村



【関連する記事】
posted by bluerain at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック